大浦肇のfacebook顔画像「何度もプロフィール写真変更の謎」大分県ハンマー殴打男

site

 

2022年8月29日午後、大分県杵築(きつき)市の就労支援事業所で、21歳の作業員の男が、58歳の支援員の男性の頭をハンマーで殴り、殺人未遂の疑いで逮捕されました。

殺人未遂の疑いで逮捕されたのは国東市安岐町下原(くにさきしあきまちしもばる)の作業員 大浦肇(はじめ)容疑者です。

この記事では、大分県杵築市の就労支援事業所で起きたハンマーを使った殺人未遂事件の容疑者、大浦肇のfacebook顔画像についてお伝えしていきます。

 

大浦肇のfacebook顔画像「なにわ男子のファン」

ハンマーで58歳の支援員の男性を殴った男は、大分県国東市在住の大浦肇です。

彼のfacebookと思われるアカウントを検索すると、6件ヒットし、そのうち3件が、「大分県国東市在住」の大浦肇というアカウントであることがわかります。2件が同じ顔立ちの人物で、1件がなにわ男子の道枝駿佑さんの画像になっています。

Facebook

そして、「大分県国東市在住」で共通した3件を閲覧すると、同じ人物のアカウントであることが判明しました。このうち1件には、中津市出身であることが明記されています。

map

 

大分県国東市在住で、中津市出身である「大浦肇」の身元は、ツイッターアカウントで確認しております。

ツイッターアカウントも4つ作っており、うち1件に「なにわ男子のファンです」と明記。

twitter

うち1件には、居住地と、生年月日が明記されています。

twitter

報道で、「21歳」と報じられているので、年齢も住まいも一致することになります。

 

こちらが、大浦肇のfacebook顔画像です。

ooura hajime(2020年1月15日 投稿)

 

ooura hajime(2020年1月19日 投稿)

 

ooura hajime(2020年4月18日 投稿)

 

ooura hajime(2020年4月19日 投稿)

 

特徴としては、少し厚ぼったい唇が目立つくらいで、20代の若者といった感じではあります。

ちなみに、2020年1月は18歳、2020年4月は19歳の時の大浦肇容疑者。これらは実は10代の頃の写真であることになります。

何度もfacebookのプロフィール写真を更新したり、カバー写真を更新したり、少し “こだわり” の強さを感じるところがあります。 その “こだわり” とも言える細かさは、ツイッターのアカウント作成においても似ているところがあり、4つのツイッターアカウントは、2020年1月11日・1月12日・1月13日・1月19日に、小刻みに1アカウントずつ作成されていて、1アカウントを1日で使い捨てる感じになっています。

 

若いとは言え、SNSのアカウントを作っては捨ての使い方をする奇妙な性格が、今回の事件のような簡単に人を殴ってしまう部分に通ずるようにも見えます。

 

大分県杵築市の就労支援事業所で起きた事件概要
「相手の態度に腹が立ってやった」

大浦容疑者は、29日午後2時半頃、大分県杵築市(きつきし)山香町(やまがまち)立石(たていし)にある就労支援事業所で、58歳の支援員の男性の頭を鉄製のハンマーで殴り、その後現場から逃走。およそ1.5キロ離れた路上に事業所の職員と一緒にいたところを警察が発見し、逮捕に至りました。

大浦容疑者は、この事業所の作業員でした。

就労支援事務所の外観はこのようになっています。

institution

 

周辺の景色はのどかな感じです。

scenery

 

大分県杵築市山香町立石の地図を添付します。

map map

支援員の男性は頭に全治10日間のけがをしましたが、命に別状はないということです。

大浦容疑者は犯行後の調べに対し、「相手の態度に腹が立ってやった」と話し容疑を認めているということです。警察は殺人未遂の容疑として大浦肇容疑者の経緯などを調べています。

この事件に至るまでに、支援員の男性と大浦肇容疑者との間に、関係悪化の何らかのできごとがあったと見られています。

 

ツイッターに残された謎の暴言「あの世へlet’s go」

さきほどお伝えした、ツイッターアカウントの複数作成に関して、その中身に意味深なツイートが残されているので、お伝えします。

● 2020年1月19日に作られたツイッターアカウントより ※一番下がはじまりです。

 

2020年1月19日に作られたアカウントは最後の4つ目で、この頃の大浦肇容疑者は18歳です。

年齢的には高校を卒業する間際の時期でしょうか。ひどく荒れてる様子が窺えます。ツイッターとfacebookを照合して見ていくと、ツイッターは2020年1月19日で終了。続きを見るにはfacebookで、2020年4月18日・19日までの更新履歴を閲覧するところまでできます。

facebook顔画像のところで、2020年1月から4月に移り変わる大浦肇容疑者が窺えますが、少し髪の毛が伸びたのかなといった感じでした。

高校卒業後、作業員として働き始めたのかは定かではありませんが、働きに出る前から闇を抱えた人物であった可能性があります。今回の事件のように「相手の態度に腹が立ってやった」と殺害の意図があったことを認めているようですから、相当凶暴な人物に変化していったことが窺えます。

 

58歳の事業所の支援員の方を、安々とハンマーで殴りかかる21歳の男性。どれほど横暴な態度でいたかが推察されます。