稲田なおみ(成美高校)が懲戒免職「実は大阪府教育センター指導主事だった」値引きシール悪用事件

narumi high school

 

2022年7月7日、大阪府和泉市内のスーパーで、食料品8点に別の商品の値引きシールを貼りつけて、実際の価格の7分の1で清算したところを現行犯逮捕された、大阪府立成美(せいび)高校の前校長・稲田なおみ(55)が、8月25日付で、大阪府教育委員会から懲戒免職の処分を下されました。

稲田なおみは、逮捕時、警察に「生活費を浮かそうと思った」と話していたということなのですが、校長ともあろう人がそのような “値引きシール” を悪用するとは驚きです。

 

この記事では、校長の職を自らの「盗難」事件で離れることとなった稲田なおみについて、事件や在任校のことも含めて掘り下げていきます。

 

稲田なおみの顔画像

inada naomi

こちらが、大阪府立成美高等学校 在職中の稲田なおみ前校長の紹介ページに掲載されていたとされる顔画像です。

成美高校前校長 稲田なおみは、2022年8月25日付で、大阪府教育委員会から懲戒免職となり、現在は起訴されている状況となっています。

2022年8月25日放送 読売テレビニュースによる大阪府教育委員会 会見模様

稲田なおみが校長を離任した変化が見て取れるものとして、現在の成美高校ホームページを検索してみると、校長は「和田文孝」という人物になっていました。
narumi high school HP(出典:大阪府立成美高校 HP 「校長のご挨拶」より)

稲田なおみの犯行概要

大阪府堺市堺区に住む 稲田なおみ(55)は、成美高校校長在任中の2022年7月7日、大阪府和泉市のスーパー「ダイエー和泉店」で、サンドイッチなどの食料品8点に別の商品の値引きシールを貼りつけて、実際の価格の7分の1で清算して退店したところを現行犯逮捕となり、その場で容疑を認めました。

現場となった店では今春以降、同様の被害が続き、大阪府警和泉署に被害届を提出しており、稲田なおみがシールを貼って精算するのを警戒中の店員が目撃し、同署に通報したことで逮捕につながったとされています。

犯行の動機として、稲田なおみは「生活費を浮かそうと思った」と供述していることが報じられました。

 

 

稲田なおみ懲戒免職処分

2022年8月25日 大阪府より、稲田なおみ前成美高校校長を懲戒免職にする発表がなされました。

paper
(出典:大阪府 HP より)

 

【処分理由】
令和4年6月3日、和泉市内のスーパーにおいて、菓子パン等13点 (販売価格合計4.446円)を、あらかじめ入手していた別の商品のバーコードシールを貼り付けてセルフレジに読み取らせ、合計694円で精算し窃取しようとした。
また、同年7月7日、上記店舗において、サンドイッチ等8点 (販売価格合計3,190円)を、同様の手口により合計425円で精算し窃取した。
ニュースで報じられていた7月7日の犯行以前に、6月3日に一度犯行に及びうまくいったことで同じ店舗で再度試みたところに悪質性を感じます。こんな悪事が「学校長」の起こす行動なのかと信じられない事件内容でもあります。

稲田なおみの成美高校在職までの経歴

稲田なおみが、大阪府立成美高等学校に校長として就任したのは、実は2022年(令和4年)4月1日で、校長としてはまだ間もないことがわかりました。

paper

(出典:教職員人事異動 より)

 

上記の資料より、稲田なおみは成美高校校長に転任で2022年4月1日に着任したということ、あわせて成美高校の前任が「大阪府立金岡高校(堺市) 教頭」であることがわかります。

そして、さらに調べてみると、1年前の2021年(令和3年)は、大阪府立成城高校(大阪市)に教頭として赴任していたことがわかりました。

paper

paper(出典:大阪府教育委員会 より)

 

2020年 成城高校教頭 → 2021年4月1日 金岡高校教頭 → 2022年4月1日 成美高校校長、という道のりで、1年置きに高校を渡り歩いていた人物であることもわかりました。

 

さらに、成城高校教頭以前の稲田なおみの所属を調査していくと、このような記述を発見しました。

(出典:大阪府立港高校 HP より)

 

2017年(平成29年)時点では、「大阪府教育センター指導主事」という肩書きで、学校職員ではなかったことがわかりました。

 

2017年 大阪府教育センター指導主事 → 2020年 成城高校教頭 → 2021年4月1日 金岡高校教頭 → 2022年4月1日 成美高校校長、という経歴が判明し、念のため2018年(平成30年)教職員人事を検索してみると、


(出典:教職員人事異動 より)

 

2018年「新任」として、稲田なおみが成城高校に赴任したことがわかりました。

2017年 大阪府教育センター指導主事 → 2018年 成城高校新任 → 2020年 成城高校教頭 → 2021年4月1日 金岡高校教頭 → 2022年4月1日 成美高校校長という教職員経歴であり、2019年(平成31年)の管理職人事の変化は見当たらず、学校現場での勤務歴を換算するとわずか4年弱。うち管理職で2年弱というスピード出世で校長になった人物であることがわかりました。

 

 

一体、稲田なおみが学校現場に所属する前に在籍していた「大阪府教育センター」とはどのような部署なのでしょうか?

homepage (出典:大阪府教育センター HP より)

大阪府教育センターでは、令和4年度の基本方針として、「将来の予測が困難な社会の中で、子どもたちが豊かな人生を切り拓き、生き抜くための力を育む教育の創造に向けて、教職員一人ひとりの資質・能力の向上と『学校力』の向上をめざす」をかかげています。
そして、すべての子どもの学びを支援するためのより質の高い教育活動の実現に向け、教職員研修等を通じたカリキュラムマネジメント支援や人材育成支援、調査・研究開発に努めるとともに、教育相談等、特色ある事業を実施しています。【主な業務内容】
・教育関係職員の研修に関すること。
・教育に関する専門的又は技術的事項の調査及び研究に関すること。
・教育に関する資料の収集及び提供に関すること。
・教育相談に関すること。
・大阪府教育センター附属高等学校との連携及び協力に関すること。
・これらのほか、教育の振興を図るために必要なこと。
以上が、「大阪府教育センター」が業務として謳っている内容です。
子どもたちを教える立場の教員を育てることを職務としている部署となっています。
かつて、 “指導主事” として業務に携わっていた稲田なおみ。一体、「値引きシール」を悪用するワザが、将来の予測困難な社会を生き抜くための教えとでも考えていたのでしょうか。教職員たちを指導する立場として、公立校を統括している大阪府教育センター出身者の今回の事件。全くあきれてしまいます。

 

ちなみに、稲田なおみが “指導主事” を終えて教育現場に赴任したのち、後任で “指導主事” に就任した人物が特定できました。

shinoda teacher

shinoda profile

稲田なおみが成城高校に新任で赴任して “指導主事”から抜けたのち、信田清志という人物が大阪府教育センター指導主事を統括し、その後2020年に、稲田なおみ同様学校現場に赴任することとなり、現在は大阪府泉南郡岬町立岬中学校 校長として学校教育に携わっています。

稲田なおみの後任として真面目に職務を遂行してきた “指導主事” たちの功績にも泥を塗るような不祥事で、同じ役職を担っていた人物にとってはまったくもって迷惑な話です。

 

特定された成美高校へのネットの声

今回、稲田なおみの逮捕の影響で、詮索されることになってしまった大阪府立成美(せいび)高校。

ネットでは稲田なおみの犯行から「成美高校」を特定した情報が出回り、事件直後、懲戒免職決定で「成美高校」のイメージに影響を及ぼしています。

大阪府立成美高校校長 稲田なおみ容疑者(54) 仕事クビになって更にお金に困るのにもったいない。女性校長を窃盗容疑で逮捕 「生活費浮かそうと…」 不正な割引シールで精算(産経新聞)

 

和泉市のスーパーで菓子パン・サンドイッチなど盗んだ、大阪府立成美高校の校長が、8/25付けで懲戒免職

 

光明池のダイエーでやらかした、成美高校校長さんやね。
#稲田なおみ #成美高校 #校長 #窃盗

 

「成美高校」在校生の声を調べてみると、学校自体は楽しく、校則がわりと厳しめという声があるくらいです。

女性在校生在校生 / 2021年入学
コミュ力が高い人は楽しめる、低いと苦痛 2022年03月投稿
★★★★☆

総合評価
個人的には毎日が楽しいです。
自分から話しかければ相手も気軽に話してくれます。ですが、人と接することが苦手な人はこの学校生活は苦痛だと思いました。なぜなら、授業内でグループで発表することが多いからです。社交的な人なら思いっきり楽しめると思いますよ!
それから、選べる選択科目は沢山ありますが人数がそれぞれ決まっていて希望する人数が多すぎると抽選になってしまい外れる場合があります。外れたあとは全く希望していない所に強制的に決まってしまいます。なので、絶対にこういう教科が取りたいと思っている人には良くないかもしれません。
校則はとても厳しいので緩く楽しみたい場合は校則だけ守ってあとは緩くやっていった方が良いと思います。

校則
一般の高校よりは厳しいと思っています。

いじめの少なさ
いじめは自分が見た中では何もないですね。
先生達はいじめに関して熱心に指導してくれているので、いじめが起きないんだと思っています。良い先生ばかりです。

 

女性在校生在校生 / 2019年入学
適当に卒業したい人にはおすすめ 2021年09月投稿
★★★☆☆

総合評価
授業が一部選択制なので好きなのが取れれば楽しいです。資格が取れる授業があり、とって損はないと思います。資格があると就職に有利だったり、進学時に一部お金が免除になる所もあるので。先生も理不尽に叱りつける先生は居ないので良いと思いますが、口煩く注意されるのがイライラする人には鬱陶しく感じると思います。クラスメイトに関しては、半分陰キャ半分3歳児以下といった感じです。授業中等に大声で喋ったり立ち歩いたり、先生の話に横槍を入れたりして、少しでも注意されるとキレて叫んでいます。3歳頃のイヤイヤ期となぜなぜ期によく似ていると思います。気にならない人は全く気にならないですが、授業に集中したい人には苦痛だと思います。全く授業がすすまないので。授業内容は中学のおさらい+応用みたいな感じです。大学を目指す人は別で勉強が必要になると思います。

校則

周りと比べるとやや厳しいかなと感じます。化粧・アクセ・染色・パーマ等は禁止です。過度な編み込みは禁止で頭のてっぺんでくくったポニテもたまに注意されます。後刈り上げも禁止です。携帯は休み時間に使えるし、バイトも可能なのでそこは良いと思います。バイクの免許取得等は禁止です。
いじめの少なさ
今のところ見た事ないです。
(出典:みんなの高校情報 大阪 より)

 

校則に厳しくしつつも、生徒たちの進路に真摯に対応していた「成美高校」の先生たちにも、もちろん生徒たちにも、暗い影を落とすこととなった稲田なおみの事件。 “割引シール悪用盗難” という犯罪が、「成美高校」と直結してしまうことは学校関係者や保護者各位にとって著しく迷惑な話です。ましてや、2022年4月に赴任したての校長が起こした悪事とあって、「成美高校」の名声に及ぼす影響も計り知れません。