【畠山商店】札幌 町の八百屋さん。南8条・東札幌・平岸 お値ごろ青果店をご紹介!

畠山商店

 畠山商店  ~大手スーパーとはひと味違う品ぞろえ 楽しみいっぱいご紹介~ 


ナナカマドの木が少しかぶってしまっていますが、今回は札幌の青果店「畠山商店」をご紹介いたします。

こちらの青果店、大手のスーパーにはない魅力がいくつもあって、住んでいるところに一店はあってほしいと思う生活お助け店です。

「畠山商店」の手作り感あふれるホームページもあります。そちらから雰囲気を知れますのでよろしければチェックしてから来店してみてください。

 

~畠山商店 紹介ポイント~
1.畠山商店とは・・・
2.果物が豊富
3.野菜も豊富
4.キノコ類も豊富
5.八百屋だけどそれ以外も充実している
6.畠山商店のよさ

 

【畠山商店】
<所在地>
①札幌市中央区南8条西15丁目2-14 本店
②札幌市白石区東札幌2条2丁目4-21 東札幌店
③札幌市豊平区平岸3条8丁目3-1 平岸店
<アクセス>
①札幌市電「西線9条旭山公園通」駅下車 徒歩約2分
②地下鉄東西線「東札幌」駅下車 徒歩約2分
③地下鉄南北線「平岸」駅下車 徒歩約3分
<駐車場>
なし

 

 

紹介ポイント その1
 畠山商店とは・・・ 

畠山商店は、1958年(昭和33年)6月1日、豊平地区にあった「大門市場」で創業した青果店です。
その後1963年(昭和38年)に真駒内本町に移転、1967年(昭和42年)に会社登記しました。
現在の本社が札幌市南区北ノ沢2丁目13-22 にあるとのことなので、この登記時に基盤となっていた場所なのかと思います。
1998年(平成10年)に旧八条市場に移転。2004年(平成16年)に旧八条市場取り壊しに伴い、現在の8条本店に移転しました。
2009年(平成21年)に東札幌店開店、2016年(平成28年)に平岸店開店と着実に拡大を続けています。

 

紹介ポイント その2
 果物が豊富 

今回は、一番新しい店舗となる「畠山商店 平岸店」を訪れてみました。
12月の札幌は、降雪が根雪になってしまったので、路面や歩道が狭くなったり、滑りやすくなっていたりで足元が非常にバッドコンディションです。もしお越しになる際はくれぐれも転倒・車両のスリップなどにご注意ください。

12月の店頭は、オレンジ色一色になっていました。
柑橘系の果物の品ぞろえが豊富になっています。

道内ではほとんど生産していない柿や金柑もありました。
旬のみかんの種類も豊富です。

リンゴは道内産のものが豊富に取り揃えられています。

リンゴの山の中に、青森県産のリンゴジュースがありました。
ちょっと目が惹かれますね。

みかんの箱売り・まとめ売りもしています。

「スイートスプリング」という見たことのない初耳品種もありました。

「スイートスプリング」に関する選び方や食べ方などのレクチャーを表示してくれています。
これを読んだら、ちょっと試してみようかなと思うかもしれませんね。

平岸店来店数日後、東札幌店を訪れて、店内を散策したところ、柿は置いていないことがわかり、店舗ごとに品ぞろえの差があることがわかりました。平岸店・東札幌店の移動は雪道では遠いので、内心はどちらも行きたいところですが、来店したときの運も来店するときの楽しみの一つかもしれません。

 

 

紹介ポイント その3
 野菜も豊富 

店頭にたっぷりと積まれた野菜コンテナが並んでいて、
通りすがりにふと気になるような見せ方になっているように思います。

玉ねぎ・さつまいも・ごぼうなどおいしそうなものが並んでいます。
「安納芋」や「紅はるか」などの道外産のサツマイモの中に
道内産の「くるみ」があります。「くるみ」は珍しいですね。

葉物野菜もたっぷり並んでいます。
「レタス」・「サニーレタス」・「リーフレタス」があり、
それらに付随したドレッシング・トマトが陳列されていて、サラダセット完璧ですね。

こちらは平岸店のじゃがいもコーナーです。道内産の品種が豊富です。

こちらは東札幌店のおいもコーナーです。
「デストロイヤー」という初耳の品種のじゃがいもがありました。
あるものないものがあって、それぞれの店舗におもむく楽しさがあります。

大根のカット売り。案外1本よりも持ち運びやすくて買いやすかったりするかもしれません。

鍋野菜に必需品の白菜や、お漬物や煮物にしたらおいしい冬の白かぶがありました。

店頭には、オレンジ芯の白菜もあります。

水菜・にら・長ねぎなどもしっかりあります。

道内産と茨城県産、愛知県産のキャベツがありました。

葉物野菜は道内産のおいしそうなものが豊富な種類で取り揃えてありました。
「しばれほうれん草」は北海道産らしいネーミングの野菜ですね。

関西でなじみ深い野菜もありました。
「金時人参」は最近では各スーパーなどに流通されているようですが、
「海老芋」があるのはまだまだ数少ないお店だけのように感じます。
札幌で見かけられてラッキーです。

 

 

紹介ポイント その4
 キノコ類も豊富 

平岸店はキノコ類の種類が豊富でした。

しいたけ・エリンギも2種類ずつあります。

「白まいたけ」とか、「ゆきのした」、「ブラウンえのき」は珍しいですよね。

    キノコだけで長い1コーナーが設置されています。
こんなにあると、どのキノコを買おうか選ぶ楽しみが増しますね。

 

紹介ポイント その5
 八百屋だけどそれ以外も充実している 

こちらは珍味コーナーです。
カシューナッツ・シシャモ燻製・こまい干物・イカの干物です。
北海道の人は、海産物が好きですね。

お肉の販売もあります。
豚ひき肉・豚こま切れ、タレ漬けされた加工品もあっておもしろいです。

カップ麺も厳選(?)品が並んでいます。

乾物・瓶詰商品も充実しています。

たまごも縦積みされて販売していました。

 

紹介ポイント その6
 畠山商店の良さ 


東札幌店


南8条本店


平岸店

 

私が「畠山商店」を知ったのは、ほんと通りすがりの東札幌店でした。
まったくその存在を知らずにたまたま東札幌を歩いていました。
実は、私は、まさに「畠山商店」のような農家直送型の町の八百屋さんを探していました。
というのも、私は2021年12月に札幌に戻ってくる前は、京都で4年暮らしていて、その時愛用していた知る人しか知らなさそうな町の八百屋さん「京の野菜処 叶屋」のインパクトがすごくて、札幌にもそんな八百屋はないかなと思っていたところだったのです。
とにかく安い。安いのに品質がいい。安くて品質がいいのにしっかり量が取れる。そしてちゃんとおいしい。
安くておいしい旬の京野菜が手に入るのは、調理ができたときに本当に楽しみになりました。おいしく調理できて、旬の野菜の栄養を摂れたおかげで、私は京都で4年間健康にいられたと思っています。

スーパーでも当然買い物はできるのですが、そうではなくて、素材に特化していて、画一化されていない粗削りな部分もあるけれど、生産者さんの努力がちゃんと感じられる場所という意味で、町の八百屋さんに足を運びたくなります。
ちなみに、札幌にあるスーパーマーケットは調べた限りこんなにあります。
フードD 北雄ラッキー ラルズマート マックスバリュ ザ・ビッグ スーパーアークス co-op フードセンター 卸売センター 業務スーパー ダイイチ 東光ストア ベンリー 北海市場 西友 トライアル 生鮮産直市場 ホクレンショップ etc.
北海道で業務展開しているスーパーマーケットは、各店独自性があって、価格も品ぞろえも充実していてすごいなと感じます。そうした上で、「畠山商店」のような青果店の存在は、食卓をより充実させてくれる大事なアクセントだと私は思います。

あえて記事の中で触れずに、写真だけで可視化して暗示していましたが、「畠山商店」の商品は安いです。非常に家計に優しいです。
ただ、安いがゆえに実際に商品を手に取って見てみればわかりますが、中には変色しているものもあります。京都の時もそうでした。でも、それでお客さんが離れていくというところでなく、「そういうものもあるよな」と逆に思える信頼感が通えば通うほど高まっていく感じがあります。

今回私は平岸店と東札幌店しか行けていませんが、近いうちに本店の南8条に行きたいと考えています。「畠山商店」は道内産の生産物が豊富でした。これからは、今まで知らなかった道内産の作物を知れる楽しみができたなぁとうれしくなりました。

 

 

この記事のまとめ

個人的な価値観ですが、八百屋さんで売っているものは、健康に欠かせないものが多いと思います。
旬の野菜から、体に必要なビタミン・ミネラルが摂取でき、この寒い時期は体を温める根菜類をいただきます。キノコ類で腸の調子を整えることもできます。果物も体の調子を整えるのに必要ですし、「畠山商店」では卵やお肉、お豆もあるので、タンパク質も摂ることができます。
体に必要な栄養が、この1店でそろってしまう、そんな充実感があります。

~畠山商店 紹介ポイント~
1.畠山商店とは・・・
2.果物が豊富
3.野菜も豊富
4.キノコ類も豊富
5.八百屋だけどそれ以外も充実している
6.畠山商店のよさ

東札幌店は、店内がせまめですが、スタッフの方たちの空気感が良くて、お年寄りにも優しく接せられていてあったかい感じです。
平岸店は、売り場面積が広くて、東札幌店よりも多くの品種が取り揃えられていて、商品の充実感が非常に高いです。
雪道でなければ自転車で3店巡れる自信はあるのですが、冬の北海道は雪で行動範囲が制限されてしまうのが残念でならないですね。

私が住んでいるところからは、いずれの3店は離れたところにあるので通うことはできませんが、天気のいい日に、フラッと買い物をしに、1店集中で出かける目的地が見つかってひと安心です。
もし、お近くにお住みの方がいらっしゃったらぜひ利用してみてほしいですし、道外の方には、このような地域密着青果店があることをお知らせしたい気持ちでいっぱいです。