オリックスBsGirlsがたぬきダンスできつねダンスに対抗!ポンタの原曲もかわいい

BsGirls

 

2022年7月23日(土)  京セラドーム大阪で行われたオリックス・バファローズ 対 ソフトバンクの試合間、三回終了時に、オリックス・バファローズ公式チアガール「BsGirls」が、「たぬきダンス」で盛り上げたことが話題となっています。

 

この日は、 “バファローズポンタDAY”として開催され、『ポンタのうた。』に合わせて、たぬきの耳としっぽを付けたBsGirlsが踊りを披露してチームを応援しました。

最近では、日本ハムファイターズが「きつねダンス」でブームを巻き起こしているところで、それに対抗してSNSでは「#青いきつねと紺のたぬき形」と打ち出した形となっているようです。

 

一体どのようなダンスだったのか? ちょっと調べてみることにしました。

 

オリックス・バファローズ ポンタDAY

2022年7月23日(土) 京セラドーム大阪で行われた、オリックス・バファローズ 対 福岡ソフトバンクホークスの1戦は、「バファローズ☆ポンタ DAY 2022」と題して、バファローズパパポンタ&バファローズ☆ポンタの親子とBsGirlsがコラボして、「たぬきダンス」のパフォーマンスをグラウンド上で初披露することが告知されていました。

 

ポンタ

 

 

たぬき(=ポンタ)の耳としっぽをつけたBsGirlsが、ゆったりとした『ポンタのうた。』に合わせて、キュートなダンスを披露しました。

 

バファローズらしい、おっとりほっこりした感じですね
かわいいは正義だな
これクセになるユルさ笑笑

 

など、実際にスタジアムにいた人やテレビで観た人々の反応もよさそうな感じでした。
「たぬきダンス」のおかげで、山本由伸投手が10勝目到達。チームもゼロ完封するなど、気持ちのいい試合になったようです。

 

 

たぬきダンス お手本

そんなスタジアム初披露となったBsGirlsの「たぬきダンス」

 

公式動画配信で、お手本動画がありました。

 

 

きつねダンスに対抗するにはもってこいの「たぬき」
すばらしい目の付け所ですね!
かっこいい系のダンスのイメージがあったBsGirlsのゆる系の新たな一面が見れた気がします。

 

このBsGirlsが振り付けをつけた「たぬきダンス」
気になる原曲は一体いつ頃できたものなのでしょうか?

 

「たぬきダンス」原曲 『ポンタのうた。』

2017年12月15日配信
「Ponta」チャンネルより  ポンタのうた。

 

今やオリックス・バファローズの公式マスコットになっている「ポンタ」

 

「ポンタ」の誕生は、2008年11月頃、「Ponta」というネーミングで、消費者・提携企業にとっての「Point terminal」(ポイントターミナル)となるという意味と、「ポイントがポンポンたまる」様子を親しみやすい表現を含んだポイント事業から始まりました。
その後、2015年11月23日にオリックス・バファローズのキャップスポンサー契約が締結され、バファローズポンタはこれを受けて誕生したものになるそうです。
「ポンタ」の動画映像における歴史は、2015年2月20日から「ポンタ劇場」としてスタートしたようでもあります。

 

2017年12月に生まれた『ポンタのうた。』が、2022年7月に “きつね” に対抗する形で再注目されるとは思ってもいなかったでしょうね (笑)
「青いきつねと紺のたぬき」というキャッチフレーズも、日本人になじみ深い「赤いきつねと緑のたぬき」に文字られていて入り込みやすいですよね!
今後、ファイターズとの対戦の時に、鉄板の対決になりそうで楽しみです。

 

BsGirls 「たぬきダンス」 まとめ

2022年7月23日(土)
京セラドーム大阪で行われたオリックス・バファローズ 対 福岡ソフトバンクホークスの試合、三回終了時に、BsGirlsが「たぬきダンス」をスタジアム初披露  会場を盛り上げた

 

「たぬきダンス」に用いられた原曲は、『ポンタのうた。』で2015年12月15日配信のもの

2022年7月23日が「ポンタDAY」だったため、BsGirlsが振り付けをつけて『ポンタのうた。』を蘇らせた

 

キャッチフレーズは、「青いきつねと紺のたぬき」 日本ハムファイターズの「きつねダンス」に対して闘志を燃やしている様子

 

今後、チアガール同士のマッチアップが楽しみ

 

新たな話題を振りまいたBsGirlsの今後の活躍に期待が高まります!