中京高校柔道部監督(馬場大輔)の経歴「指導熱高い本怖OB」体罰問題

baba daisuke

 

中京高校(岐阜県瑞浪市土岐町)柔道部の男性監督(37)が、2年間にわたり部員に暴力や暴言を繰り返したなどとして、懲戒解雇されていたことが10月18日、学校への取材で判明しました。

処分は、13日付けで実施済みだということです。

 

この記事では、中京高校柔道部の監督が誰なのかについて調査し、その人物の経歴について、facebookなども元にして探っていきたいと思います。

 

野口祐太美杉観光バスの評判「煽り危険運転が常態化」ふじあざみライン横転事故

 

中京高校柔道部監督は馬場大輔「生徒と絆を深めるはずだった」体罰問題

報道では、中京高校柔道部監督の名前が明かされていませんでしたが、当該高校が削除した柔道部のホームページ元を入手して、「馬場大輔」という名であることをキャッチしました。

 

(出典:中京高等学校 HP より)

柔道部

監督 馬場大輔

 

柔道部の目標と活動内容が掲げられていました。
(出典:中京高等学校 HP より)

目標・活動内容

目標 『全国制覇』部員全員がこの目標達成のために切磋琢磨しています。また、真の文武両道を追求するとともに礼儀正しく社会に貢献できる人間形成を目的としています。

活動内容 近代的なメニューを取り入れた稽古

良いところ 指導者・生徒が同じメニューに取り組み絆を深めています。また、生徒一人ひとりが高い意識を持ち、伸び伸びと稽古に励んでいます。

目標は、「全国制覇」となっており、高い目標を持っていたことがわかります。
活動内容に、 “近代的なメニュー” とあり、良いところでは、 “指導者・生徒が同じメニューに取り組み絆を深めています” とありました。
建前としては、健全で良好な運営を掲げていました。

 

 

主な戦績として、2001年から累積した成果についてまとめられていました。
その中には、馬場大輔氏が在校生だった時の成績も残っていました。
(出典:中京高等学校 HP より)

東海高等学校総合体育大会 男子個人:優 勝 90kg級 馬場大輔 (2003)

全国高等学校総合体育大会(インターハイ) 男子個人:優 勝 90kg級 馬場大輔 (2003)
5 位 90kg級 馬場大輔 (2002)

中京高校在学中、馬場大輔氏は実績を残しまくっていた人物だったことがわかります。

 

同校OBという縁もあって、柔道部監督を任されたということは納得できます。

 

 

馬場大輔のfacebook「中身は薄いが友人の層が厚い」2人の子持ちパパか

この「馬場大輔」という名前を元にして、facebook(フェイスブック)のアカウントを検索すると、柔道に関する「馬場大輔」のアカウントを発見しました。

自己紹介

出身校: 筑波大学 体育専門学群
中京高等学校に在学していました
羽島市出身

こちらのアカウントにあった自己紹介を見ると、「中京高等学校に在学していました」とあるので、当該の馬場大輔氏のものであることがわかります。

また、今回体罰問題で懲戒解雇となった馬場大輔氏は、「羽島市」出身で、「筑波大学 体育専門学群 卒」であることが同時にわかりました。

 

このフェイスブックアカウントからは、馬場大輔氏の顔画像と、そこに一緒に映っているある女性とのツーショット写真がありました。

彼女でしょうか。奥さんでしょうか。とてもきれいな方と観覧車に乗っている時の様子が映し出されています。

 

 

2016年と2017年の2年連続で、誕生日ケーキが贈られたことがわかる画像がありました。

● 2016年

2016年9月16日
この男性が馬場大輔氏でしょうか。
2人お子さんがいらっしゃることを示しているのでしょうか。4人描かれています。
「馬場先生」とあるので、部員からの贈りものか、学校からの贈りものなのか、どちらかの可能性を含んでいます。

 

● 2017年

2017年9月16日
こちらも4人います。
馬場大輔氏は、2人のお子さんを持つ、パパなのかもしれません。
いずれの年の日付から、馬場大輔氏の誕生日が「9月16日」であることがわかります。

 

投稿に関しては、以上の画像の他はなく、ほとんど利用していなかったことがわかりました。
ただ、友達が「810人」とものすごく多く、登録されている人物の多さが目立っていました。

 

馬場大輔の経歴「バリバリの柔道家」実業団柔道クラブ

馬場大輔氏は、中京高校卒業後、筑波大学体育専門学群に進学したことが、facebookからわかりました。

筑波大学卒業後、どのような経歴を重ねていたかを調査すると、「中京柔道クラブ」という実業団の柔道部に所属していた形跡を発見しました。

 

こちらは、2011年(平成23年)11月13日に開催された、「講道館杯 全日本体重別選手権大会」のトーナメント表です。

(出典:講道館杯 全日本体重別選手権大会 より)

馬場 大輔  中京柔道クラブ
2011年は、馬場大輔氏が26歳の頃になります。
その当時は、「中京柔道クラブ」という団体に所属していることがわかりました。

 

 

中京柔道クラブがどちらの会社の団体なのかは特定できませんでしたが、「全日本実業柔道連盟」の会員になっている団体であることはわかりました。
(出典:全日本実業柔道連盟 HP より)

全日本実業柔道連盟
■ 会員一覧

中京柔道クラブ

 

報道では、馬場大輔氏が2008年11月から、中京高校の監督を務めていることが公表されているので、2011年頃までは「中京柔道クラブ」に所属しながら、高校の柔道部も兼任していた時期があったことがわかりました。
(出典:岐阜新聞Web より)
同校は学校法人安達学園(瑞浪市)が運営する。柔道部は県内強豪校で、男女36人の部員が所属。5月に大垣市で行われた県高校総体では男女アベック優勝を果たした。元監督は柔道部OBで、高校時代は全国総体優勝などの実績がある。2008年11月から教員の立場で監督を務めていた。

 

2008年は、馬場大輔氏が23歳の年であるので、筑波大学卒業後に、中京高校柔道部監督の打診があったことも推察できます。
馬場大輔氏は、母校で実績を残した人物であり、その後実業団クラブにも所属していたほど、実力を維持した柔道家であったため、中京高校からの期待も高い人物であった裏付けにもなります。

 

 

2008年11月から、2022年10月13日まで、中京高校の柔道部は、馬場大輔氏が君臨していたことになります。
約14年の間、柔道部を支配していたことがわかる口コミがありました。
2017年8月20日
まあ要するに馬場大先生に勝るものはないということ

中京柔道部はやっぱりみーんな本怖より馬場先生を選んだ。
みーんな思っとるんか…
馬場大輔氏は、「大先生」と崇められるほど偉大な人物であったことがわかります。
また、「本怖(本当にあった怖い話)」よりも怖いことが暗示されています。

 

2017年8月19日
いや割とガチで本怖より馬場先生のが100倍怖いよ?
馬場大輔氏は、「本怖」よりも100倍怖いとまで表現されていました。

 

2017年当時の在校生が怖いと語る、馬場大輔氏。
ここ2年間の指導の中で、頭を平手打ちしたり、体を蹴ったりする暴力の他、部員に「ここにいる価値はない」という暴言を吐いたとされています。
また、生徒間のいじめに対して、不適切な対応を取ったともされています。
(出典:岐阜新聞Web より)

同校によると、元監督は部員の頭を平手打ちしたり体を蹴ったりする暴力のほか、部員に「ここにいる価値はない」などと暴言を吐いたという。外部からの情報提供を受け、学校側が9月末に部員らに聞き取り調査をし、判明した。  

16日夜に同校で開かれた保護者向けの説明会では、元監督が部員同士のいじめに不適切な対応を取った疑いがあることも報告。詳細については「事実関係を調査中」としている。現在は、外部指導者が部員の指導に当たっている。

 

長らく柔道部監督を務めてきた馬場大輔氏でしたが、教育現場の変化に対して、柔軟な対応ができていなかった模様です。

 

実績や経験だけの指導による弊害が、如実に表れた体罰問題となってしまいました。